1. HOME > 
  2. 学校・社会教育施設、障がい者支援施設の方へ

学校・社会教育施設、障がい者支援施設の方へ

観覧料免除制度について

学校や公民館などの社会教育施設、障がい者支援施設でのご利用の場合は各種「観覧料免除制度」(要事前申請)が適用されます。各申請書を印刷し、必要事項をご記入・ご捺印の上、来館日の14日前までにご郵送下さい。

○ 観覧料減免制度
学校や公民館、生涯学習センターなどの社会教育施設でのご利用の場合は、申請書に記載の通り観覧料が減免されます。申請書はこちら
○ 観覧料全免制度
養護学校や障がい者支援施設など、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方(手帳をご提示ください)の団体でのご利用の場合は無料でご鑑賞いただけます。介助者の方も免除の対象となります。申請書はこちら

団体利用時のお願い

  • ・来館日の14日前までに事前申請がない場合、観覧料免除制度が適用されませんのでご注意ください。
  • ・カメラマンは観覧料免除対象外です。館内での撮影にも制限がございますので、当館職員の指示に従っての撮影をお願い致します。
  • ・敷地内奥の駐車場に大型バス用の駐車スペース(3台まで)をご用意しております。
  • ・館内には集合にご利用いただけるスペースがございません。30名以上でのご来館をご希望の場合は事前にご相談ください。
  • ・添乗員、乗務員の方は観覧料が無料です。

団体のご担当者様へ
「お客様へのお願い」を印刷し、事前にご周知願います。

観覧についての注意事項

鑑賞プログラムのご案内(要事前申請)

学習の一環として当館をご利用の場合、学習目的に合わせた鑑賞プログラムをご提案しております。ご希望の場合は、申請書のご提出前にお電話にてお問い合わせください。
それ以外にも美術館の学習活用方法等、当館教育普及担当者へお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。
※プログラムや日程によって対応できる人数や時間が異なります。
※季節繁忙期、イベント開催時などはご対応できないことがございます。予めご了承ください。

観覧料免除制度

全国の下記施設には「観覧料免除制度」が適用されます。 各申請書を印刷・ご記入の上、来館日の14日前までにご郵送下さい。申請書到着後、当美術館からの確認の連絡をもってお申し込み確定となります。

公民館、学習センター
小・中・高等学校、専門学校、大学

観覧料減免申請書

障がい者施設、障がい者グループ、養護学校

観覧料全免申請書

ページのトップに戻る