1. HOME > 
  2. イベント・ワークショップ > 
  3. 6/12(土) 【Zoom講演会】モろ美大學 第7回「ダリの影響を受けた日本の画家たちの絵を読み解く」

イベント・ワークショップ

6/12(土) 【Zoom講演会】モろ美大學 第7回「ダリの影響を受けた日本の画家たちの絵を読み解く」

2021年04月25日 更新

インフォメーション

開催日
2021年6月12日(土)
時間
17:00~18:30
会場
<<Zoomを使ったオンラインイベント>> 日本国内どこからでも参加可能です
定員
80名
講師
大谷省吾 氏(東京国立近代美術館 美術課長)
開催内容
Zoomを使ったリモート講演会
【モろ美大學 第7回「ダリの影響を受けた日本の画家たちの絵を読み解く」】を 開催します!

アートをより深く知るための専門家による特別講演会【モろ美大學】は
昨年に引き続き、感染症対策の一環として、ZOOMを使ったオンラインでの開催いたします。

現在開催中の展覧会「ショック・オブ・ダリーサルバドール・ダリと日本の前衛」の開催を記念し、日本のシュルレアリスム美術研究に精通されている大谷省吾氏を講師にお迎えします。
大谷氏は「激動期のアヴァンギャルド--シュルレアリスムと日本の絵画一九二八 - 一九 五三 」(国書刊行会)の著者でもあります。

ダリに影響を受けたと目される日本の前衛画家たちの魅力と彼らが目指した絵画 世界に迫ります!
「ダリと似ている!?」だけじゃない、日本のシュルレアリスム絵画に注目です!!
参加費
無料
対象
日本国内どこからでもオンラインで参加できます。
申込方法
5月27日(木)より本ページWEB申込フォームよりお申し込みください。(先着順)
WEBからの申込
申込フォームはこちら
申込受付期間
6月12日15時00分まで ※定員に達し次第、受付終了

↓ 過去に実施した第6回「モロビ大学」の様子です ↓
※第6回目は講師に弘中智子氏(板橋区立美術館 学芸員)をお迎えしました。第7回目は大谷省吾氏(東京国立近代美術館 美術課長)をお迎えします。

  • LINEで送る
一覧へ戻る
ページのトップに戻る