1. HOME > 
  2. INFORMATION > 
  3. “シュルレアリスム”をテーマにした 2019 ヒゲT販売中!

INFORMATION

“シュルレアリスム”をテーマにした 2019 ヒゲT販売中!

2019年07月31日 更新

2019-higeT
2019SURREALISM

ミュージアムショップにて、
アートディレクター&デザイナーであり7月13日から始まる[開館20周年記念展vol.2]の招聘アーティストの1人でもある角田純 氏によるオリジナルTシャツを販売中。
ダリのヒゲ感あふれる独特の手書き文字は必見です!
※ミュージシャン”ハナレグミ”の『SHINJITERU』アルバムジャケットのデザインを手がけ、その中の一曲でもある「線画」のMVには角田氏の創作シーンの一部も登場します。

今年は”シュルレアリスム”をテーマにしたヒゲT。
イラストはレトロでアンティークなモチーフの3種類。
S・M・L・XLの4サイズ展開でXLにはポケットが付いており、女性の場合はビッグTとしてワンピース風にも切ることができるトレンドのサイズ感です。
皆さんはどの色?どのサイズを選びますか?
(税込・1枚各3,240円 ※店頭のみで販売しております)

tsunoda
角田 純(ツノダジュン)
1960年、愛知県出身。
多摩美術大学卒業。画家、アートディレクター。1980年代から「角田純一」名義で広告・出版業界でアートディレクターとして活動。2000年半ばより画家としての活動を開始。2009年、作品集『Cave』をフォイルより刊行。主な展示に2012年「抽象と形態」(DIC川村記念美術館)などがある。主な個展に「Dust to Dust」(2016年、CLEAR EDITION & GALLERY)、「When it’s short distance between the moon and Mars.」(2016年、ギャラリートラックス)、「如意樹」(2010年、FOIL GALLERY)などがある。2017年には「SOUND AND VISION」刊行。
  • LINEで送る
一覧へ戻る
ページのトップに戻る